ドイツ生まれの自然療法 こころとからだのコンサルティング

ホメオパシー症例 不眠、頭痛、生理痛 etc.のケース

 
この記事を書いている人 - WRITER -
さとうあやこ
佐藤文子 ホメオパシー療法家 ドイツ生まれの自然療法・ホメオパシーによるココロとカラダのコンサルティング【ホメオパシー健康相談】をおこなっています。JPHMA認定ホメオパス、アニマルホメオパス北海道札幌市

こんにちは! 札幌のホメオパシー療法家 さとうあやこです。

「ホメオパシー個人セッションでこう変わった!」という実例をご紹介します。
この方は、ホメオパシーはまったく初めてというところからスタートして
わずか2カ月半、3回のセッションで、不眠や頭痛、生理痛などの症状が解消しました。

フルタイムワークと子育ての両立。神経が休まらない

【クライアントさま・お悩み】
N子さん 女性・39歳(当時)

  • 不眠
    睡眠導入剤を週2回服用している。
    飲むと必ず頭痛がして、それがつらいので飲みたくないけど、
    眠れないと仕事に響くのでやむなく飲み続けている。
  • 生理痛
    毎回痛みがひどく、鎮痛剤をとらずにはいられない。
    これもできればやめたいけどやめられない。
  • 仕事への意欲が湧かない

メインのお悩みは上記3つですが、そのほかにも、

  • 疲れ目
  • ドライアイ
  • 胃の不調
  • 肩こり
  • イライラ
    …と、たくさんのお悩みを持ってホメオパシー個人セッションにいらっしゃいました。

【初回セッション】
N子さんは、ご主人と娘さん(当時3歳)の3人暮らし。
子育て、家事全般もこなしながら、マスコミ関係の第一線で働いていらっしゃいます。

お話をうかがうと、
職場は、常に慌ただしく、瞬発力とスピードが要求され
常に緊張感とプレッシャーがつきまとっているとのこと。
圧倒的に男性が多く、あらゆる面で“体育会系”な力が支配する世界。

そんな中で、日中は男性と肩を並べてバリバリ働き、
おうちに帰れば、まだ小さい娘さんの育児と家事全般をこなす日々…。

心底休まる時間も場所もなかなか確保できず、
いつも“やらなきゃならない”ことに追われて疲労困憊。
それが高じて、
体はめちゃくちゃ疲れているのに、
神経がたかぶってしまって眠れない状態になっていました。

ストレスフルでイライラしてしまい、
かわいい娘さんやご主人に怒りをぶつけてしまうこともよくあるといいます。

お仕事柄、長時間のパソコン作業は必須。
疲れ目、ドライアイ、肩こりは職業病ともいえそうですが、
「つらいから使うのやめます」というわけにはいきません。

ということで、初回は

  • たかぶった神経を静める
  • 痛みへの対応
  • イライラへの対応
  • 目のケア

というところに焦点を当てて、オリジナルレメディーをお選びしました。

レメディー開始1カ月でめざましい変化が

【セッション2回目】
初回からちょうど1カ月後におこなわれた2回目のセッション。
1カ月間のうちに、大きな変化が出ていました。

  • 睡眠導入剤の使用が減った → 週2回から月1回に
  • 生理痛が楽になった → 少しは痛んだが鎮痛剤ナシで過ごせた
  • 仕事へのやる気が戻ってきた
  • イライラがなくなり、怒らなくなっている自分に気付いた
  • かすみ目、疲れ目が減った
  • 肩こりが減った

レメディーをとり始めてまもなく、すごい頭痛に襲われたそうですが、
その頭痛が治まった後、仕事へのモチベーションが上がってきたのだそうです。
この頭痛は、改善へのプロセスで起こる好転反応だったのでしょう。

もう一つ、N子さんは、
3年前の妊娠中に、職場の身近な女性からイジメに遭っていたことを思い出し、
傷ついていた自分に改めて気づいたといいます。

その時は、目の前のことをこなすのにいっぱいいっぱいだったし、
妊娠中で体調もいつもとは違っていたので、
深く考えることをせずに通り過ぎていたけれど、
ふとその頃の状況が思い出されて、客観的に振り返ってみると、
理不尽な風当りが強かったことが今さらながらわかり、
「しんどい中で頑張っていたんだなぁー 自分」と、思えたといいます。

表面的には気づいてなかったけど、深いところでは傷ついていた。
その見過ごしを、取り戻したわけですね。
もしかすると、その時は、無意識的に感覚を鈍化させて、
気づかないふりをしてやり過ごしていたのかもしれません。

そこで、この回は、

  • 慢性的なストレス蓄積への対応
  • 血液をきれいにする
  • 免疫力をアップさせる
  • 過去の感情的なトラウマを癒す

というテーマでオリジナルレメディーをお選びしました。

変化の波が広がって、周囲の人の態度も変わってきた

【セッション3回目】
さらに1カ月半後、3回目のセッションでは、

  • 寝つきがよくなり、睡眠導入剤がいらなくなった
  • 生理がとても軽くなり、鎮痛剤がいらなくなった
  • 仕事への意欲が湧いている
  • 職場が居心地よくなった
  • 怒らなくなった → 子供を叱ることがなくなった

とのこと。
初回セッションから3ヵ月足らずで、当初の問題がほぼ全て解消しました。

とりたくないと思いながらやむなく常用していた薬剤を手放すことができ、
精神的にもゆとりが生まれて、肩の力が抜け、楽になりました。

面白いのは、
身体面の症状が改善して楽になるのとシンクロするように、
職場で嫌な目に遭うことがなくなってストレスが激減した
というのです。

これ、ホメオパシーで変化する過程でよくあることなのですが、

体や心が痛みから解放されたり楽になっていくにつれて、
自分をとりまく環境も変化していって、
問題そのものが消えていってしまう

という現象が起こるんです。

N子さんもまさにそのパターンで、
同じ職場なのに、すごく楽に居られるようになったそうです。

いくつもの不調や不具合…ぜんぶ関連し合っている

N子さんのように、
検査しても悪いところはないといわれ病名もつかないけど、
実際、いくつもの不調や不具合があって、つらい…。
という人は多いと思います。

いわゆる不定愁訴というやつですね。

ホメオパシーでは、症状を、単体でみることをしません。
体・心・魂を三位一体とみなし、
常にその人の全体をみながら、
その方が症状を自ら改善していけるようにサポートしていきます。

N子さんの場合は、いくつもある症状が同時に改善されていきましたが、
それはまさに、これら複数の症状が、
同じ根っこから生まれ、互いに関係し合っていたからでしょう。

ホメオパシー個人セッションでは、
プライバシーが保たれた空間でじっくりとお話をおうかがいし、
症状に合わせた、あなただけのオリジナルレメディーをお選びします。
心と体の不調に。本気で変わりたい方に。ホメオパシー個人セッションをどうぞ。

(ご注意)
*これは具体的な症例をご紹介するものであり、すべての方が本症例のとおりに改善・治癒することをお約束するものではありません。
*人それぞれ体質・環境等の違いによって、変化・改善の度合いや、かかる時間には差があります。
*病院、医師の診断・治療を否定するものではありません。必要に応じて検査・治療を受けてください。

 
無料メールセミナーでホメオパシー上手になろう!
ホメオパシーの実践に役立つポイントを 9日間 ステップメールで配信します。 ……ホメオパシー実践のコツ…… 知っておきたい9のポイント 無料ステップメールを受け取る
この記事を書いている人 - WRITER -
さとうあやこ
佐藤文子 ホメオパシー療法家 ドイツ生まれの自然療法・ホメオパシーによるココロとカラダのコンサルティング【ホメオパシー健康相談】をおこなっています。JPHMA認定ホメオパス、アニマルホメオパス北海道札幌市

Copyright© さとうあやこのブログ , 2019 All Rights Reserved.